トレイルランナー

Daniel Jung

スピードアップのためのスピードダウン

ダニエル・ユングはウルトラランナーとして知られています。彼は、下り坂で加速するために、上り坂でスピードを落とします。レースの前ものんびり。レースの 1 週間前からは、ジョギングのほか、軽いハイキングや登山しかしません。これまで、南チロル ウルトラスカイレース、世界ウルトラトレイルランニング選手権、その他多数のレースで表彰台に上がりました。2018年には、方針を変えて短い距離のレースにも出場するようになりました。 

これまでの人生で最大の功績は何ですか?

2016 年は記憶に残る 1 年でした。12 のレースに出場し、自分のベストを出せない時もありました。かなりのエネルギーを消費しましたが、まだどれだけ頑張れるかや、無理をしすぎた時の兆候など、自分の身体をよく知ることができた良い機会でした。途中で新しい文化にも触れてきました。こういったことがランニングと同時に体験できるなんて幸運だと思います。 

挑戦を続ける原動力は何ですか?

自然。自然の中には自由と平穏があります。レース中に辛くなる時は、周りの景色を見渡します。それで楽になるわけではありませんが、走る価値を感じます。私は、マウンテンバイクに乗って初めて山について知りました。ただ山の中を走るのではありません。山々が持つ個性を味わい、その予測不可能なところも楽しむのです。

GORE-TEX プロダクトを選ぶ理由は何ですか?

機能性。私には役に立つギアが必要です。特に長いレースでは。何日もほとんど眠らず走るレースもあります。持ち運ぶのはウェアだけ。そのウェアでゴールまで走り切らなければなりません。 

「○○のために生まれてきた」を 10 語以内で表現するなら?

長距離を走ること。より長く、より速く。たぶんそれが自分だと思います。
 

「楽しむためだけに走るときもあります。ただ走る。前に進む。レースの時とはまったく異なる気持ちです。それをサポートしてくれるギアが必要です。私の GORE-TEX ジャケットは単に走るためのジャケットではありません。必要なら途中で脱ぐこともできるという安心感です。天気はとても気まぐれなので、それに備えなければなりません。雨が降っても、水はジャケットの上を流れ落ちます。私は走り続けます。スピードを落とすもの、私を止めるものは何もありません。」

Daniel Jung

トレイルランナー

主な功績
  • 第 3 位:グレンコー スカイライン(スコットランド)52km / 4,750m
  • チロル・ヘーエンウェグ 200km、14,000m 上り
  • 第 1 位:ウルトラトレイル アトラスツブカル(UTAT)(モロッコ)105km、3,550m 上り 
  • 第 2 位:世界ウルトラトレイルランニング選手権「Hong Kong 100」100km、4,500m 上り
  • 第 1 位:GORE-TEX トランスアルパイン・ラン:ドイツ、オーストリア、スイス、イタリアにまたがる 8 日間のレース
  • 第 1 位:トレイル新記録:南チロル ウルトラスカイレース(イタリア)121km、7,554m 上り 
  • 第 1 位:トレイル新記録:ドロミーティ エクストリームトレイル、ヴァル・ディ・ゾルド(イタリア)103km、3,800m 上り