登山家

Tamara Lunger

子供の頃の夢を過酷な冒険に変える

タマラ・ランガーは、10 代のとき、8,000 m 級の山に登る夢を発表しました。2010 年、23 歳で世界で 4 番目に高いネパール・ヒマラヤのローツェに挑み、最年少の女性登頂者に。受賞歴を持つこの登山家は、以降、次々に限界を押し上げ続けています。

これまでの人生で最大の功績は何ですか?

間違いなく 2016 年の冬にナンガ・パルバットに挑んだことです。山頂から約 70m 下で断念し、下山中にもひどい事故に遭いましたが、新しい、素晴らしい経験として私の人生に刻まれています。よく瞑想するようになり、自分の人生や未来、価値について多くの質問を自分に投げかけました。そうすることで、日々少しずつ、なりたいと思う自分に近づくことができました。

挑戦を続ける原動力は何ですか?

自分について学ぶことは尽きない、です。山の中で自分を見つめ、非常に正直かつ具体的な形で自分を観察することほど、素晴らしいことはありません。年齢を重ねるごとに、その経験は良くなっています。遠くへ行けば行くほど、山の純粋さと荒々しさの虜になります。

GORE-TEX プロダクトを選ぶ理由は何ですか?

定評です。GORE-TEX プロダクトは優れています。登山用具選びは登山のパートナー選びと少し似ていて、どんな状況下でも常に自分を助けてくれるという安心と豊富な経験に基づく信頼を求めます。山では常に備えが必要です。実は、登山を始めた頃から、GORE-TEX チームに入るのが夢でした。このコミュニティの理念が本当に気に入っています!

「○○のために生まれてきた」を 10 語以内で表現するなら?

自然の中と高地を動くため。そして限界を押し上げること。  

 

「私は風の中を走るのが好き。生きていると実感でき、力がみなぎるからです。風は私を強く押し戻そうとするときもありますが、それに逆らって進みます。風がどうにもなく吹き荒れる日は、GORE-TEX ジャケットが私を守ってくれます。どれだけ頑張っているときも、あるいは休憩中も、私は次に起こることに備えています。森の中の小道、マウンテントレイル、防波堤、どこへでも持っていく─それが私のスタイルです。トレーニング以外の時も着ています。」

Tamara Lunger

登山家

主な功績

・シモーネ・モーロとともに、地球上で最も寒い山と言われる 3,003m のゴラ・ポビェダに登頂

・ネパールのマナスルに挑戦中、イムジャツェで新しい登山ルートを開拓
標高:6,182m

・「人喰い山」と呼ばれるパキスタンのナンガ・パルバットに挑戦するも、パートナーを危険にさらすことを避け、山頂の 70m(300 フィート)下で断念
標高:8,126m

・パキスタンと中国の国境にあり、「野蛮な山」の異名を持つ K2 に、2 人目のイタリア人女性として酸素ボンベを使わない登頂に成功。
標高:8,611m

・ドイツ、オーストリア、スイス、イタリアにまたがる 8 日間のレース、GORE-TEX トランスアルパイン・ランで優勝

・ネパール・ヒマラヤのローツェに登頂した最年少の女性
標高:8,516m