ヒストリー

アウトドアを楽しむすべての方が、安全で快適に活動できるようにという願いは、GORE-TEX® ブランドの設立当初からの礎です。

1976年以来、世界中の無数の冒険、さらには人類初の月面着陸にも、ゴアのテクノロジーがその成功の一端を担ってきました。現在もアウトドアで活躍する皆様からのご要望にお応えすべく、私たちはたゆまぬ努力と大いなる情熱をもって新たなテクノロジーとソリューションを生み出し、革新し続けています。

1959年

ウィルバート(ビル)・ゴアとジェネヴィーヴ(ヴィーヴ)・ゴアが、デラウェア州ニューアークの自宅の地下室にて W. L. Gore & Associatesを創業。ビルは当時まだ開発されていなかった「ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)」というポリマーの潜在的な可能性を信じ、その研究開発を行うためデュポン社を退職した。

1969年

ビルの息子であるボブ・ゴアが、ある条件下でPTFEを急速に延伸させたことがきっかけとなり、「延伸多孔質ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)」が誕生。低吸水性や優れた風化特性を含む、多くの素晴らしい特性を兼ね備えた非常に強靭な微孔性材料の発明であった。

1970年

ゴアの特長であるポリマー、「延伸多孔質ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)」で製造された GORE-TEX® プロダクトが有する多くの特許のうち、第1号となる特許申請を行う。

1976年

GORE-TEX® ファブリクスの最初の注文を受ける。透湿、防水、防風の生地の第一号。

1979年

GORE-SEAM® シーリングマシンおよび GORE-SEAM® テープの開発。

1980年

2層構造の GORE-TEX® ファブリクスおよび GORE-TEX® ファブリクス グローブ インサート発売。

1981年

米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル第1号機、スペースシャトル「コロンビア」において、GORE-TEX® ファブリクス製の宇宙服を着用した宇宙飛行士がその任務にあたる。

1982年

GORE-TEX® ファブリクスを搭載したブーティの考案・特許取得。

1989年

保証制度 GUARANTEED TO KEEP YOU DRY® 開始。

1990年

南極大陸横断に挑んだ国際南極探検隊チームが GORE-TEX® アウターウェアを採用。メンバーの1人は、GORE-TEX® アウターウェアが命を救ってくれたと称賛。

1998年

GORE-TEX® PACLITE® ファブリクス発売。

2003年

GORE-TEX® XCR® グローブ発売。

2006年

GORE-TEX® Pro シェルと GORE-TEX® グローブ with Gore 2 in 1 テクノロジー発売。

2009年

GORE™ OPTIFADE™ Concealment 発売。

2010年

GORE-TEX® Active プロダクトと GORE-TEX® SURROUND™ フットウェア発売。

現在

GORE-TEX® ファブリクスは、防水・防風・透湿素材の最高峰として、世界で最も信頼される多くのブランドによって採用されています。バラエティに富んだ製品が販売され、毎年新たなスタイルが登場します。だからこそ、私たちの探究も続いてゆくのです。