GORE-TEX アウターウェアのお手入れ

GORE-TEX アウターウェアは、ほとんどの場合ご家庭で洗濯することができます。適切なお手入れで、製品をより長く、快適に使い続けましょう。

GORE-TEX アウターウェアのお手入れ方法

防水性のある GORE-TEX ウェアでも、非防水性の GORE-TEX INFINIUM™ GORE-TEX ウェアでも、GORE-TEX アウターウェアのお手入れは難しくありません。適切なお手入れ方法をポイントに分けてご紹介します。お手入れの際には、製品に付いている取り扱い表示やメーカーの指示を必ず確認し、そちらの内容に従ってください。

必要なもの

洗濯機 • 液体洗剤 • 乾燥機 • アイロン、あて布(乾燥機を使用しない場合)• 撥水剤(必要に応じて)

洗濯
ステップ1
  • 洗濯の前に、すべてのファスナーとポケットを完全に閉じてください。
  • 緩んだフラップやストラップはしっかりと留めてください。
ステップ2
  • 洗濯機に入れて、40℃ 以下のぬるま湯で洗濯してください。
  • 少量の液体洗剤を使用してください。
  • すすぎは2回に分けて行い、脱水は最小限に抑えてください。
  • 粉末洗剤、柔軟剤、シミ抜き剤、漂白剤は使用しないでください。
  • 汚れのひどい衣類と一緒に洗濯しないでください。
乾燥
ステップ1
  • ウェアは吊干しまたは中温の乾燥機で乾かしてください。
  • 高温での乾燥は避けてください。
ステップ2
  • 乾燥したら、さらに20分間乾燥機にかけて、耐久撥水(DWR)の回復を行います。
  • 乾燥機が利用できない場合は、低温でアイロンをかけてください。
  • アイロンをかける際は当て布をしてください。
  • スチームは使わないでください。
  • この方法は、表生地の撥水性を回復させたい時に行ってください。
撥水剤の使用
ステップ1
  • 洗濯後に撥水回復処理(乾燥機又はアイロン)を行ってもウェアの表面が水を弾かなくなった場合は、耐久撥水(DWR)の再加工を行ってください。
  • 撥水剤は市販のウォッシュインまたはスプレータイプをご使用ください。
注意点
  • 市販の撥水剤は、説明書をよく読み、その使用方法に従ってください。
  • GORE-TEX メンブレンを表面に採用した「GORE-TEX ガーメント with persistent beading surface」(GORE-TEX SHAKEDRY™ ウェアなど)には、この DWR 加工を行わず、下の「特別なお手入れ」をご確認ください。
特別なお手入れ
GORE-TEX ガーメント with persistent beading surface

GORE-TEX SHAKEDRY™ ウェアなどの「GORE-TEX ガーメント with persistent beading surface」は表生地が無いため、お手入れ方法が少し異なります。GORE-TEX メンブレンが表面に剥き出しになっているので、DWRの回復及び市販の撥水剤による再加工は必要ありません。

  • 40°C 以下のぬるま湯を使用し、洗濯機の弱水流設定で洗うことができます。
  • ドライクリーニングはしないでください。
  • 乾燥機は使用しないでください。
  • アイロンは使用しないでください。
  • 漂白剤を使用しないでください。
  • DWR 加工は行わないでください。

お手入れ

Gore-tex Newsletter