お手入れ方法

長くご愛用いただける GORE-TEX® プロダクトはお手入れも簡単です。高機能を備えたウェアを長期間着用していただくためには日頃のメンテナンス&ケアが大切です。取扱いには、タグに表示されたメーカー推奨手順に従ってください。

ご質問など詳細はカスタマーサービスセンターへお問い合わせください。

個別のお手入れ・洗濯方法:
アウターウェア
フットウェア
グローブ
簡単にできる GORE-TEX® アウターウェアのお手入れ方法

洗濯機に入れる前にウェアのジッパーやベルクロをすべて閉じてください。機能性を維持するために、必ずメーカーの取扱い表示に従ってください。

洗濯手順
ぬるま湯(40°C)で、液体洗剤を少なめに入れ、洗濯機で洗ってください。すすぎは2回以上行ってください。粉末洗剤や柔軟剤、漂白剤、染みぬき剤は使用しないでください。泥汚れのひどい服とは一緒に洗わないようにしてください。
漂白
塩素系漂白剤は使用しないでください。
乾燥
軽く脱水した後、吊り乾しするか、標準温度に設定した乾燥機で乾かしてください。ウェアが乾いてから、さらに20分以上を目安に温風で乾燥機にかけると、撥水回復に役立ちます。
アイロン
乾燥機を使わずに撥水機能を回復させるにはアイロンも効果的です。ウェアが完全に乾いてから温度は低温に設定し、スチームなし、あて布をしてアイロンをかけてください。
ドライクリーニング
ゴアではウェアは家庭で洗濯することを推奨しています。もし、ドライクリーニングを利用する場合には、すすぎにはきれいな溶剤を使用するようにクリーニング店にお伝えください。ドライクリーニングをした後は、ウェアの表生地に撥水加工をする必要があります。ウェアメーカー指定の手順に従ってください。
撥水加工
洗濯や加温をしても撥水性能が回復しなくなってきたら、市販の撥水剤のご利用をおすすめします。撥水剤はアウトドアショップなどで販売されているウェア用のものをご利用ください。

特殊なメンテナンス

  • ネオプレンブーツと一体化している釣り用ウェーダ―は低温の水で手洗いし、そのまま吊干ししてください。柔軟剤は使用しないでください。
簡単にできる GORE-TEX® フットウェアのお手入れ方法
お手入れ方法
靴の外側の汚れを、布やブラシを使ってぬるま湯で落とします。革靴の場合は、レザー用のクリーナーや保護オイルをご使用ください。靴の中の土や砂利、埃もしっかり落します。中敷が取り外せる場合には、中敷も出して振り落とします。
アイロン
使えません。
ドライクリーニング
使えません。
漂白
塩素系漂白剤は使用しないでください。フットウェアを傷めるおそれがあります。
乾燥
自然乾燥します。直接、熱をあてることは避けてください。自然対流式乾燥機を使用してもよいでしょう。
撥水加工
防水ワックスやグリスの使用は、フットウェアの透湿性を阻害することがあるため、推奨しません。フットウェアメーカーの推奨するトリートメント、ポリッシュ、コンディショナーのみ使用してください。
染みぬき
フットウェアメーカー指定の手順に従ってください。
簡単にできる GORE-TEX® グローブのお手入れ方法

機能を維持するために、グローブメーカー指定の手順に従ってください。

洗濯
ごく少量の洗剤を入れたぬるま湯で手洗いしてください。柔軟剤は使用しないでください。
ドライクリーニング
使えません。
アイロン
アイロンはかけないでください。
漂白
塩素系漂白剤は使用しないでください。グローブを傷めるおそれがあります。
乾燥
手洗い後、グローブの指先から手首に向けて余分な水をやさしく絞り出してください。手首の開口部が下になるようにして乾します。直射日光の当たるところやヒーターの上では乾燥させないでください。レザーグローブは室温で乾かしてください。シェルグローブは低温設定の衣類乾燥機にかけることもできます。(メーカーの洗濯表示をご確認ください)
撥水加工
定期的に市販の撥水剤を使い、撥水状態を維持してください。
染みぬき
メーカーの洗濯表示に従ってください。

その他

  • グローブは、半分乾かしたところで、元通りの形に整えます。
  • 湿ったグローブを他のウェアの上に重ねないでください。色移りするおそれがあります。
  • グローブはバックルやスキーのエッジなど鋭利なもので傷がつかないよう、注意しましょう。
  • 簡単にできる GORE-TEX® グローブのお手入れ方法