よくあるご質問

GORE-TEX® ファブリクスやウェアの構造、耐久性や機能、ケアやメンテナンスの方法など、カスタマーサービスセンターに多く寄せられるお問い合わせをまとめました。

あなたがお知りになりたいことがこのページにないときは、カスタマーサービスセンターへお問い合わせください。

全般

  • GORE-TEX® ファブリクスとは何ですか?

    GORE-TEX® ファブリクスは、特許取得済み GORE-TEX® メンブレンと高性能な生地を貼り合わせて作られています。1978年に初登場し、アウターウェア、アクセサリー、フットウエアの素材としてライセンス契約をしたメーカーに供給されています。

  • GORE-TEX® プロダクトはどんなメーカーで製造されていますか?

    ゴアの厳しい品質基準に沿ってファブリクスを使用するという契約を結んだ、専門性の高いメーカーに限られています。ゴアではすべての製品において、生産工程に入る前にその製品設計を検証し承認します。そして合格したデザインのものだけにGORE-TEX® ファブリクスを出荷します。さらに、ゴアでは素材だけでなく、最終製品となるアウターウェア、アクセサリー、フットウェアの機能についても保証しています。 商品ラベルに GORE-TEX® と表示されていれば、メーカーや購入店舗に関係なく、Guaranteed To Keep You Dry® をお約束します。

  • GORE-TEX® ファブリクスはどこで買えますか?

    GORE-TEX® ファブリクスは、ゴアの厳密な基準に沿って製品を製造する契約を結んだメーカーへのみ供給しています。

  • GORE-TEX® プロダクトのカタログはどこで入手できますか?

    ゴアは GORE-TEX® ファブリクスや GORE®WINDSTOPPER® ファブリクス供給する素材メーカーですので、最終製品は製造しておりません。製品のカタログについては、小売店の店舗、またはメーカーへ直接お問い合わせください。GORE-TEX® プロダクトを取り扱っているメーカーをお探しの場合は、弊社カスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。また、このサイトの製品紹介、販売店検索のページもご参照ください。

  • GORE-TEX® プロダクトであることを確認する方法はありますか?

    メーカーに関係なく、GORE-TEX® のロゴマークが製品の外側もしくは内側についていますので、一目でご確認いただけます。マークは、布のラベル、小さな金属タブ、刺繍、プリントなどがあります。製品に GORE-TEX® という表示が見当たらないとき、それは GORE-TEX® プロダクトではありません。

機能について

  • GORE-TEX® ウェアの寿命はどのくらいですか?

    寿命は、お客様の使い方次第で大きく異なります。GORE-TEX® メンブレンそのものはほとんど劣化することがないので、その防水性と透湿性は変化しません。長く愛用するためには、かならず用途に合ったウェアを着用してください。例えば、軽量のサイクリング用ジャケットは宿泊を伴うバックカントリースキーには適していません。また毎日ウェアを着用するスキーインストラクターと年に2回着用するだけのスキーヤーでは、買い替え頻度が当然、異なります。期待通りの寿命を保つためには、適切なメンテナンスもかかせません。

  • GORE-TEX® ウェアには保温効果はありますか?

    GORE-TEX® ファブリクスには防風性があり、冷たい空気の侵入を防ぎます。その部分では温かさを逃しにくくなっています。しかしながら、GORE-TEX® ファブリクスそのものに特別な断熱性があるわけではないので、防寒性を高めるためには、アウターウェアの下に空気の層をつくるような重ね着をしてください。

  • GORE-TEX® ファブリクスの品質は、すべて同じですか?

    すべての GORE-TEX® ファブリクスは、防水性、防風性、透湿性を備えていますが、その用途によって、重量、素材、手触り、耐摩耗性などの特徴が異なります。用途に合わせてお選びください。

  • GORE-TEX® ウェアにはなぜシームテープが必要なのですか?

    縫い目はどれだけ小さくてもそこから水が漏れる可能性があります。生地自体に高い防水性、透湿性、防風性が備わっていても、目止めが完全でない場合、体をドライに快適に保つことができません。

    極めて優れた天候への防護性を実現するために、GORE-TEX® ウェアはGORE-SEAM®テープテクノロジーを採用しています。シームテープは、GORE-TEX® ファブリクスを縫製する際にミシンの縫い針でできる小さな穴をすべてシールするために使用されます。

    あらゆる天候条件から体を守る防護性を実現するために、ここまで徹底している素材メーカーは他にありません。自社で製造している GORE-SEAM® テープに加えて、独自の厳密な品質・性能基準に照らして最終製品をテストしているメーカーはゴアだけです。

  • GORE-TEX® GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ とはどのような意味ですか?

    外部の水を内部に浸入させないという約束です。横なぐりの雨でも、湿ったベンチにうっかり腰掛けてしまったときでも、濡れた芝生に膝をついてしまったときでも、水は GORE-TEX® ファブリクスを透過できません。さらに同時に透湿性も備えているため汗の水蒸気は外に放出されます。GORE-TEX® プロダクトは水の浸入を防ぎ、汗の水蒸気を外へ逃がします。通常の使用による摩損や摩滅は弊社の技術チームによって要因が研究されていますので、適切なメンテナンスケアを行い、用途に従って使用していただく限り、GORE-TEX® プロダクトはその有効使用期間中、当初の防水性、防風性、透湿性を維持し続けます。

  • GORE-TEX® ファブリクスの耐久性はどのくらいですか?

    GORE-TEX® ファブリクスは何年も初期の機能を保ち続けます。優れた耐久性を備えているため、他社の「防水性/透湿性」素材と異なり、繰り返し洗たくしても、曲げ伸ばしや摩耗を受けても、ボディオイルや防虫スプレーにさらされた後でも、さまざまな条件や環境に遭遇したときでも、GORE-TEX® ファブリクスの防水性と透湿性はほとんどの場合保たれます。

  • GORE-TEX® メンブレンにはどんな機能がありますか?

    GORE-TEX® メンブレンには1平方センチメートルあたり14億個もの微細な孔があります。この孔の大きさは水滴の約2万分の1なので水滴や風は外側から入ることはできません。一方、この微細な孔は水蒸気が通り抜けるには十分な大きさなので、汗の水蒸気を外に放出します。ですから、カラダを濡らさず、つねにドライで快適な環境をつくることが可能なのです。

GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ プロミスについて

  • GORE-TEX® プロダクトの GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ とは何ですか?

    万が一、GORE-TEX® プロダクトの防水性、防風性、透湿性にご満足いただけなかった場合には、その状況に応じて修理、交換、ご購入代金の返金などの対応をさせていただきます。どのメーカーの製品でも、GORE-TEX® プロダクトが適切に使用されていれば、その防水耐久性、防風性、透湿性を保証いたします。フェアであることは、ゴアの理念の1つです。将来にわたってご愛顧いただけるよう、品質向上とサービスの提供に尽力してまいります。

  • What does the GORE-TEX® GUARANTEED TO KEEP YOU DRY® Promise mean?

    Just that: No water from the outside will get to you on the inside. Whether it’s from a driving rain, a damp bench you happen to sit on, or kneeling in wet grass, water can't penetrate GORE-TEX® fabric. Yet, the fabric will remain breathable, allowing for moisture from sweat to escape. Factoring in reasonable wear and tear as determined by our team, if your GORE-TEX® product is properly cared for and used as intended then you can expect it to remain waterproof, windproof and breathable for its useful life.

     
  • 永久保証ですか?

    いいえ、製品として有効に使用できる限りです。防水性、防風性、透湿性を維持できている状況を指します。

     
  • 製品として有効に使用できない、とはどのような状態ですか?

    製品を有効に使用できる期間は、お客様の使い方によって異なります。メンブレンに経年劣化は起こりにくいですが、使用中に損傷してしまう場合があります。GORE-TEX® プロダクトには、特定の用途を想定して作られているため、使い方が限定されている製品もあります。適切なメンテナンスを行わない場合、防水性、防風性、透湿性を維持できなくなることもあります。メンテナンスケアに従って、日頃から汚れを落としてください。アウターウェア、フットウェア、グローブに、裂け、破れ、刺し傷、擦り切れ、靴底の摩耗があるある場合は、買い替えをお勧めします。長期間ご使用いただいた製品で有効に使用できるかどうかの判断にお困りの方は、電話またはお問い合わせフォームよりご相談ください。

  • GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ プロミスは製品の損傷もカバーされますか?

    裂け、破れ、過度の摩耗、刺し傷などの損傷は保証制度ではカバーされません。お客様の責任で修理をお願いします。ボタン、ファスナー、面ファスナーが壊れた場合など、GORE-TEX® ファブリクス以外の不具合につきましては、ご購入された販売店またはメーカーにお問い合わせください。損傷に関するご相談は、ご購入された販売店、メーカーまたはゴアカスタマーサービスセンターにお問い合わせください。

  • GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ プロミスは DWR(耐久撥水)もカバーされますか?

    DWR は保証対象外です。DWR を維持するためには、製品のメンテナンスケアが必要です。GORE-TEX® ファブリクスには DWR 加工(表生地への撥水ポリマー処理)が施されていますが、使用中の表生地への摩耗に加え、汚れ、洗剤、防虫剤、その他不純物と接触することにより撥水機能は低下します。機能が低下した際は、GORE-TEX® ウェアの撥水性を回復させるためのメンテナンスを行ってください。

  • GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ 保証を受ける場合、製品の価格はどのように判断されますか?

    ゴアは、業務のすべてにおいてフェアであることを理念の一つとしています。修理、交換、ご購入代金の返金の判断をさせていただき、返金の場合には購入時の金額が尊重されます(原則として、レシートなど購入証明が必要となります)。中古品として購入された場合は保証の対象とならないことがあります。レンタル目的で使用された製品も対象となりません。ポケットやファスナーに水が入ったことによる個人の電子機器や他の持ち物への損害は、GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ プロミスの保証対象外です。

     
  • 交換手続きはどのように行われますか?

    お客様にとって交換が最善と判断された場合、相談の上、最適な交換品を決定いたします。できる限り、返品されたアイテムと同じ、または類似した用途の製品と交換できるよう努めます。ご要望により、お客様の指定した条件、例えば一定の価格や用途に基づいて交換の選択肢を探すことも可能です。ご購入された販売店、メーカー、ゴアカスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。

     
  • 返品された製品はどうなりますか?

    すべての GORE-TEX® プロダクトには販売前に独自の品質基準が設定されています。そのため返品された製品についても防水性、防風性、透湿性に関する多くの試験がなされ、返品される理由となった事象の原因特定が行われます。ゴアでは常に製品の機能や性能をモニターし改善や開発につなげています。お客様に製品の性能を最大限ご活用いただけるよう努力することをお約束します。

フットウェアについて

  • レザーブーツにも GORE-TEX® のライナーは必要なのですか?

    レザーには本来防水性はないため、「防水性」言われるフットウェア商品の大半は、特殊ワックスやグリースを塗布してその性質を維持する必要があります。この方法は不便なだけでなく、フットウェアの透湿性を大きく損なうこととなり、足をドライに保つことを保証できません。GORE-TEX® フットウェアであれば、防水性と透湿性の性能を同時に発揮できるため、レザーブーツにも GORE-TEX® ライナーは必要です。

  • GORE-TEX® フットウェアは透湿性がありますか?

    はい、その通りです。透湿性はすべてのフットウェアにとって大切な要素です。透湿性が高いレベルで確保されているGORE-TEX® フットウェアは、足を乾いた状態に保ちます。足がかいた汗は蒸発してフットウェアの外側に放出され、汗の水分が内側に残って足を冷たく湿らせることはありません。特に寒冷な天候では、透湿性は足を濡らさずに快適さを維持するために必須です。

  • GORE-TEX® フットウェアであることを確認する方法はありますか?

    フットウェアに付いているロゴマークをご確認ください。すべての GORE-TEX® フットウェアには、外側もしくは内側にメーカーブランド同じようにゴアの名前が記載されています。マークは布ラベル、金属タブ、プリント、型押しなどがあります。また商品の箱には GORE-TEX® フットウェアの冊子も同梱されています。GORE-TEX®という表示が見当たらないとき、それは GORE-TEX® プロダクトではありません。

メンテナンス & ケアについて

  • GORE-TEX® ウェアの洗濯方法を教えてください。

    お手入れ前に必ずメーカーの洗濯取扱い表示をご確認いただき、その内容に従ってください。一般的は方法は、洗濯機に入れて、ぬるま湯(40°C)で洗ってください。洗剤は液体洗剤を少なめに。粉洗剤や柔軟剤、塩素系漂白剤、染みぬき剤は使用しないでください。

  • どのくらいの頻度で洗濯したらいいですか?

    汚れ、キャンプファイアの煙、調理の臭いなどの不純物を取り除く必要に応じて洗濯してください。洗濯と乾燥で撥水性(DWR)を回復することが GORE-TEX® ウェアの機能を長期間、維持する秘訣です。

  • 洗濯機はどのモードに設定すればよいですか

    標準コースもしくは、ソフト洗いコースを選んでください。洗剤残りを防ぐためにすすぎは2回に設定してください。

  • 洗剤は粉、液体、どちらも使えますか?

    粉末、液体洗剤のどちらもご利用いただけますが、最もよい洗たく効果を得るには、液体洗剤の使用をお勧めします。

  • 洗剤の適量はどのくらいですか?

    家庭用液体洗剤の表示よりやや少なめでご使用ください。洗剤残りを防ぎ、すすぎを確実に行うために有効です。

  • GORE-TEX® ウェアは他の衣服とは分けて洗たくすべきですか?

    GORE-TEX® ウェアだけを別にして洗濯する必要はありません。汚れのひどくない同様のウェアと一緒に洗濯できます。洗剤や泥汚れが残らないよう、すすぎは2回行ってください。

  • 染みぬき剤は使っても大丈夫ですか?

    染みぬき剤の使用はお勧めしません。代わりに、液体洗剤を使用し、汚れや泥を予洗いすることをお勧めします。洗濯機に予洗いサイクルがないときは液体洗剤を入れた水につけておきましょう。

  • 漂白剤は使っても大丈夫ですか?

    GORE-TEX® ウェアにはいっさい、漂白剤は使用しないでください。色あいや機能に影響を与えるおそれがあります。

  • 一番良い乾燥方法を教えてください。

    環境にやさしい、吊り干しでの自然乾燥をお勧めします。ウェアが完全に乾いたら、20分以上を目安に温風の乾燥機にかけて、撥水性(DWR)を回復させます。

  • DWR とは何ですか?

    GORE-TEX® ウェアには、撥水ポリマーを使った DWR と呼ばれる非常に薄い加工が施されています。DWR より水は生地に吸収されず、水玉状になり、生地の表面を転がり落ちます。DWR は通常の使用による生地の摩耗や傷みに加えて、埃、洗剤、防虫剤、その他の不純物と接触することにより、撥水機能は低下します。水玉になって転がり落ちる現象が見られなくなったら、まずは洗濯、乾燥機を使い撥水回復をしてください。この手順でも回復しない場合には、アウトドア専門店などで市販されているスプレータイプの撥水剤を使用して再度 DWR 塗布をしましょう。こうした加工はウェアの撥水性、防染性の維持に役立ちます。(なお、ゴアでは衣類を浸すタイプの撥水剤よりスプレータイプを推奨しています)

  • エアロゾル(ガス式)タイプの DWR スプレーを使用できますか?

    環境への配慮として、エアロゾルスプレーよりもポンプ(霧吹き)式スプレーをお勧めします。ただし、エアロゾルの使用でも性能的には問題ありません。

  • ドライクリーニングできますか?

    ドライクリーニングによって GORE-TEX® ファブリクスが傷むことはありませんが、ドライクリーニングについてのメーカーの洗濯取扱い表示を必ず確認し、それに従ってください。クリーニング店を利用する場合には、すすぎにきれいな溶剤を使用しているところをお勧めします。また、ドライクリーニング後にはDWRの性能が性能が低下しますので、再撥水加工が必要です。

  • 家庭用ドライクリーニングキットを使用しても大丈夫ですか?

    ドライクリーニングが必要な場合には、クリーニング店に任せ、すすぎにはきれいな溶剤を使用するよう指定することをお勧めします。家庭用ドライクリーニングキットの使用はお勧めしません。

  • アイロンの温度は何℃に設定すればよいですか?

    かならず、メーカーの取り扱い表示でアイロンの使用可否を確認してください。可能であれば、「低温」、「スチームなし」に設定し、あて布をしてアイロンをかけてください。

  • GORE-TEX® ウェアを改造したり、ロゴを刺繍しても大丈夫ですか?

    GORE-TEX®ウェアを購入後、修理、調整、ロゴの刺繍などの改造はしないでください。目止めされていない縫い目が原因で、ウェアの防水性能が損なわれるおそれがあります。購入されたウェアに手を加える必要がある場合には、購入された販売店、メーカーへお問い合わせください。

  • GORE-TEX® ウェアを傷つけてしまいました。どうしたらいいですか?

    傷が小さなものであれば、アウトドアショップなどで販売しているリペアキットを使ってご自分で修理できます。ご自分で修理ができないような損傷の場合は、お買い上げの販売店もしくはメーカーへご相談ください。

環境について

  • 私の GORE-TEX® プロダクトは安全でしょうか?

    Gore® ファブリクスは、使用安全性および環境健全性に優れています。Oeko-Tex®Standard 100 など最高技術水準の製品安全性要求事項を満たしています。Oeko-Tex®Standard 100 は、科学的根拠に基づくアプローチで繊維製品の安全性を認証する、世界で広く採用されている規格です。

    ゴアの全ファブリクス製造工場が bluesign® 規格の適合認証を取得、ePTFE メンブレンを使ったゴア製品が人体に無害であり、環境に対して健全であることを確認しています。

    Oeko-Tex®Standard 100 および bluesign®standard について詳しくはこちら

  • GORE-TEX® プロダクトはエコフレンドリーですか?

    ゴアのプロダクトは、環境に対して健全かつ安全に使用していただけます。 ゴアのプロダクトは高い耐久性をもつために長期間使用することができます。このことは環境へ配慮している機能的アウターウェア、フットウェア、アクセサリーを選択する際の最も効果的な目安となります。

    延伸多孔質ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE) といった先進素材と最先端の製造工程を導入することにより、高い耐久性を備えた「ベスト・イン・クラス」の製品を提供します。高い耐久性は最終製品のライフタイムを延長し、その結果、寿命の短い製品の大量生産に比べ、原材料とエネルギーの実質的な削減につながります。

    製品耐久性がもつ環境への良好な影響は、WINDSTOPPER® ファブリクスを含む、すべての GORE® プロダクトに共通する特質です。

  • GORE-TEX® ウェアが環境に及ぼす主な影響は何ですか?

    GORE-TEX® をはじめ GORE® ファブリクスはすべて、製品に耐久性をもたせることで、そのライフタイムを最大限にし、自然資源の利用や廃棄量を削減するよう、責任をもって製造された、環境に配慮した選択肢です。

    機能性素材メーカーの中には自社製品の環境プロファイルに関して部分的にしか焦点を当てていないケースもありますが、ゴアではライフサイクルアセスメントを採用して、自社製品の全側面から環境評価を行っています。つまり、サプライヤーによる原材料の生産に始まり、製造・物流を含む、製品のライフサイクル全体に注目します。消費者による洗たくや乾燥の影響も評価します。

    1枚の GORE-TEX® ジャケットのライフサイクルの各段階がもつ環境への負荷を相対的に比較すると、ウェアを構成する素材の生産と製品への製造工程が最大でした。その一方、製品使用中おける洗濯、乾燥、機能回復処理と廃棄処理は比較的小さいことがわかりました。

  • GORE-TEX® プロダクトを環境にやさしく使用する方法は?

    なによりも、洗濯といった日常的なメンテナンスを行い、ジャケットの機能性を維持し、着用できる期間を伸ばすことが重要です。長期間着用できるウェアを選び、適切なメンテナンスを継続することが、環境への負荷だけでなく実際的なコストも減らします。

    GORE-TEX® ファブリクスに使用されている高い耐久性の防染・撥水加工(DWR)は、乾燥機やアイロンを使って、簡単に回復させることができます。つまり、ご愛用のウェアの高機能性を維持するのに撥水剤に頼る必要はありません。しかし、GORE-TEX® ウェアやフットウェアを長くご使用いただいているうちに、洗たくと乾燥だけでは DWR を回復できなくなりますので、そのときには、専門業者による撥水加工や撥水スプレーの使用(メーカーが指定する手順で)を行ってください。この場合も、環境へ排出される処理剤を最小限に抑えることを推奨します。 ウェアの生地にに破れや穴があいたときには、購入された販売店かメーカーにお問い合わせください。修理が可能な場合があります。GORE® ファブリクスのケアおよびメンテナンスについて詳しくはケア & メンテナンスをご覧ください。

  • GORE-TEX® ウェアはリサイクルできますか?

    ゴアのライフサイクルアセスメントによれば、機能的アウターウェアをリサイクルすることは、環境に対してごく僅かな影響しか及ぼしません。したがって、現在私たちは大きな影響力を及ぼす製品の開発、製造、流通についての改善に努力を集中させることにしています。

    以前、ゴアでは、自社ラミネートリサイクリング技術を開発し、この目的に同意いただいたメーカーと共に、1993年、アパレル業界の先陣をきってハイレベルなアウターウェア・リサイクリング・プログラムを導入しました。特定のウェアを対象とした GORE™ BALANCE PROJECT™ と呼ばれる同プログラムは、1995年に European Outdoor Award for Innovation を受賞しました。しかし、まもなく、これらのウェアを購入した消費者の皆様が長年愛用したウェアをリサイクルのために返品したがらないということが判明し、同プログラムは終了となりました。

    なお、ゴアのファブリクスにはリサイクルした表生地を使用している製品もあります。

  • GORE-TEX® プロダクトを環境に対して安全に処分する方法は?

    GORE® ファブリクスで作られているウェアやフットウェアは、他のアパレル製品と同様に、安全に最終処分することができます。

    大半の他のプラスチックと異なり、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)- ゴアのメンブレンの原料-の製造や加工には可塑剤や安定剤を使用していません。また、重金属や有機スズ化合物、フタル酸塩といった残留物を含んでいません。ごみ埋立地に処分された場合、PTFE は分解しないので、温室効果ガス(メタン)の発生につながらず、河川や大気へ懸念物質を放出しません。ごみ焼却施設では、PTFE は二酸化炭素とフッ化カルシウムに安全に転換されます。

    耐用年数を最大化する工夫をしていくということは、製品の最終処理における環境負荷をついて常に有効な選択肢です。たとえば、フットウェアやウェアをチャリティに寄付したり、違う用途に使用するなども検討なさってみてください。