晴れた日に雪山をハイキングする男女

地球を守ることへのコミットメント

私たちは気候、水、天然資源への負荷低減に全力で取り組んでいます。アウトドアのプレイグランドはそれらに依存しており、ゴアのビジネスも左右されます。

環境への負荷を低減

私たちは当社製品や企業活動が環境に影響することを理解しています。そのためゴアでは、デザインや素材製造、事業の進め方に革新的なアプローチを採用することで、気候や水、天然資源への負荷を削減することに全力で取り組んでいます。
 

責任ある行動は常に、ゴアの企業文化の重要な要素です。バリューチェーン全体で環境への懸念がある PFC を段階的に削減することや二酸化炭素排出量の削減など、主要な環境課題について、業界に影響を及ぼすための活動に積極的に取り組んでいます。最大の環境負荷が発生するのは製造時のため、製品として有効に使用できる期間を延ばすために努力を続けています。

ゴアは、最も得意な事をすることで、環境負荷を減らしていきます。それは、新しいテクノロジーソリューションを開発し、長持ちする丈夫な製品を製造することで責任ある消費を促すことです。社外との太いパイプや業界における大きな影響力により、ゴアのサステナビリティソリューションは地球を守る重要な変革を推進することが可能です。

続きを読む 少なく読む
Our environmental goals and commitments

2030 年までに、製造施設およびオフィスから発生する二酸化炭素排出量を 60% 削減し、製品に関連する排出量を 35% 削減します。

2023 年までに環境へ影響に懸念のある PFC(パーフルオロ化合物)を消費者製品から完全に除去します。

ゴアの社会的責任ガイドライン(GSR)と 100% の TML 整合を維持します。

当社ファブリクス工場の 100% で環境マネジメントシステム ISO 14001 準拠を維持するよう見届けます。

2020 年現在、消費者向け GORE-TEX 製品の OEKO-TEX® Standard 100 認証取得率は 100% です。

2022 年までに、85% の消費者向け GORE-TEX 製品(ガーメント・フットウェア)が bluesign® 認証を取得する予定です。

ISO 14001 環境マネジメント認証を完全取得

2019 年 11 月より、ファブリクス製品を製造する米国、ドイツ、中国の 3 つのゴアの工場すべてが、世界的に認められる環境マネジメントシステム ISO 14001 規格認定となりました。

これら3カ所のファブリクス製造工場では、ISO 14001 の PDCA(計画-実行-評価-改善)管理サイクルを使って環境マネジメントの継続的な改善を成功させています。工場は毎年リスク分析を行って、インプット(使用する水、電気、ガス、原材料、化学物質)とアウトプット(製品、排出物、廃棄物、排水、騒音、臭い)の観点から自らの環境パフォーマンスを評価します。その結果に基づいて、改善すべき環境分野を判別します。それら分野に対して、チームは目標を設定し、達成するためのプロジェクトを開始します。

詳しくはこちら

"各国にあるファブリクス ディビジョンの全工場では、このISO 14001認証によって、部分的には法律要件よりも厳しい高い基準に適合するというコミットメントが強化されています。より小さい環境負荷やより安全な労働環境などがその例です。"

ロス・マクレーン
ロス・マクレーン

ゴア ファブリクス サステナビリティ リーダー

SAC 業界ツールでゴア製品とプロセスの環境パフォーマンスを評価

ゴアは、世界のガーメント・フットウェア企業の約 40% が加盟する国際組織である「サステナブル・アパレル連合」(SAC)の創設メンバーです。SAC の主な活動の一つは業界全体を対象とした各種ツールの開発、促進、使用です。ツールには、Higg Material Sustainability Index (MSI)、Higg Facility Environmental Module (FEM)、Higg Facility Social & Labor Module (FSLM) があります。

Gore-tex Newsletter