GORE-TEX® メンブレン GORE-TEX® プロダクトの要

水蒸気分子の約700倍の大きさの孔が、汗をスムーズに通過させます。それがGORE-TEX® メンブレンに透湿性を与えます。
水滴の2万分の1という微細な孔が、雨の侵入を遮断し、GORE-TEX® メンブレンに優れた防水性を与えます。
メンブレン構造は垣根の役割を果たし、風が分岐部分で捕捉され、通り抜けることができません。それがGORE-TEX® メンブレンに防風性を与えます。

GORE-TEX® メンブレンは、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)の非常に薄い膜です。1平方センチメートルあたり14億個以上の孔(あな)があり、この微細な孔構造がGORE-TEX® ファブリクスに優れた防水性、防風性、透湿性を与えます。

防水性

濡れたウェアは体温を奪います。GORE-TEX® ファブリクスには防水耐久性があります。そのため、体をドライに保ち、アクティビティを快適に楽しむことができます。

防水性なし
防水耐久性

その意味とは?

防水性のプロダクトであるためには水を浸入させないことはもちろん、その性能が長期にわたり保持されることが大切です。GORE-TEX® プロダクトは、卓越した防水耐久性を発揮し、過酷な気象・アクティビティ条件下で遭遇する外部からの水の侵入圧力に耐えます。しかし、防水性はファブリクスの性能だけではありません。ゴアでは、メーカーから送られてくる製品のプロトタイプをラボで総合的にテストします。厳しい耐候性基準を満たしている場合のみ、認定工場での縫製工程が承認されます。

その重要性とは?

濡れたウェアは、乾いたウェアに比べて3倍の速さで、体温を奪います。防水耐久性を備えたGORE-TEX® プロダクトのウェアリングシステムは、水を浸入させず、熱損失を防ぐので、長期にわたり、過酷な条件下でも、体をドライに保ち、アクティビティを快適に楽しめます。

防風性

防風性を持つアウターウェアは衣服内気候を保持するとともに快適さを保ちます。

優れた防風性
防風性なし

その意味とは?

マイクロファイバーや密に織られた繊維、フリース素材の多くは防風性があると思われていますが、多くの場合、わずかな風でも通過させてしまうため、着ている人は肌寒さや心地悪さを感じます。ゴアの基準では、防風性があるファブリクスと呼べるのは、通気性が5 l/m2/s以下の場合です。すべてのGORE-TEX® プロダクトは、この基準をクリアしています。

その重要性とは?

寒風が衣服を通り抜けると、対流現象により、熱損失を招き、体と衣服の間の空気の薄層に閉じ込められている温熱を奪います。GORE-TEX® ファブリクスは風や冷気の侵入を遮断し、快適な衣服内気候を保ちます。

透湿性

GORE-TEXⓇ ファブリクスは汗の水蒸気を逃し、オーバーヒートや汗冷えを減らします。

優れた透湿性
透湿性なし

その意味とは?

"透湿性" は、アウトドア業界で最も混同されている用語のひとつです。それは、空気を通す性能ということではなく、汗の水蒸気を効果的に放出する性能を意味します。ゴアの透湿性基準では、激しい運動を行っている間でも汗による水蒸気を効果的に放出する性能が要求されます。

その重要性とは?

運動中、皮膚は発汗により余分な熱を逃します。その汗による冷えを回避するために、GORE-TEX® メンブレンは、汗の水蒸気を放出する性能を保持しています。この透湿性が、激しい運動中も、皮膚表面をドライに、そして快適に保ちます。

ゴアの約束:ビデオ

GORE-TEX® ファブリクスについてゴードンとテッドがプロダクトテストをしています。PROMISE シリーズの動画をご覧ください。

防水性

Episode 1:水の魔法使い

防風性

Episode 2:バブル トラブル

透湿性

Episode 3:蒸気の達人

防水耐久性

Episode 4:雨天でもドライ

GORE-TEX® ラミネート

GORE-TEX® メンブレンはそれ自身はわずか0.01mmの厚さです。そこへ、高性能な裏地と表生地を貼り合わせてGORE-TEX® ラミネート構造にします。

GORE-TEX® ラミネートについて詳しくはこちら